あなたにちょうどよい
マンスリー・ウィークリーマンション。

あなたに合わせたちょうどよい
マンスリーマンション選びをカンタンに。

短い期間の契約だけど、
せっかくなら良い物件を選んでほしいから。
初めての方にも良い会社をわかりやすく伝えます。

Find Your Best
Monthly / Weekly
Mansion

マンスリーマンションってなに?

What's

マンスリーマンションとは

マンスリーマンションとは、1か月程度の滞在を目的とした賃貸物件です。

家具や家電があらかじめ揃っており、入居してすぐに自宅のように生活を始めることができます。ホテルと通常の賃貸契約の間のようなイメージです。

普通の賃貸物件は2年契約となっている場合が多く、敷金や礼金などの初期費用がかかります。しかし、マンスリーマンションは好きな期間だけ滞在することができて、初期費用もかかりません。

単身赴任や受験など、決まった期間だけ住みたいという人におすすめの契約形態です。

マンスリーマンションと賃貸マンションの違い

マンスリーマンションと賃貸マンションの違いは以下の3つです。

  • 審査と契約
  • 入居時にかかる費用
  • 家具家電の準備

通常の賃貸契約は2年単位で行われることが多いですが、マンスリーマンションの場合は1か月程度の短い期間で契約ができます。さらに、通常の賃貸契約は審査に数日〜数週間かかるのに対して、マンスリーマンションは最短即日入居も可能です。

また、マンスリーマンションは通常の賃貸契約でかかる敷金や礼金がかかりません。そして、家具家電が備え付けられているため、生活に必要なものを購入する必要もありません。

マンスリーマンションとホテルの違い

マンスリーマンションとホテルの違いは以下の2つです。

  • 滞在時の費用
  • 生活環境

ホテルも連泊割引などがありますが、1か月以上の長期にわたって滞在するのであれば、マンスリーマンションの賃料の方がお得になる場合が多いです。

生活環境の面では、ホテルはベッドメイクやアメニティの交換などをしてもらえる反面、マンスリーマンションは自分で家事などを行う必要があります。自宅にいるような生活を送りたいならマンスリーマンション、できるだけ手間をかけずにコンパクトに滞在するならホテルがマッチするでしょう。

マンスリーマンションの利用シーン

マンスリーマンションは、一か月程度の長期滞在に適しているという特徴があります。マンスリーマンションの利用に向いているのは次のようなシーンです。

  • 単身赴任
  • ワーケーション
  • 自宅とは別の作業部屋として
  • 受験期間
  • リフォーム中の仮住まい
  • 一時帰国の際の仮住まい
  • お試し同棲

この他にも、様々なシーンで便利に活用できるのがマンスリーマンションです。

マンスリーマンションのメリット

マンスリーマンションのメリットは次の3つです。

  • 好きな期間だけ住める
  • 初期費用がかからない
  • 家具家電の準備がいらない

マンスリーマンションの物件は、通常の賃貸と同じマンションの一室です。マンション全体がマンスリーマンションの場合もありますし、マンション全体は通常の賃貸物件になっていて、数部屋だけマンスリー契約になっている場合もあります。いずれにしても、通常2年契約が求められる物件に好きな期間だけ住めるのは大きなメリットです。

また、マンスリーマンションは、敷金や礼金などの初期費用がかかりません。賃料と、各管理会社が定める基本料金のみで滞在することができます。

さらに、家具家電の準備がいらないのもマンスリーマンションの魅力です。数か月の滞在のために新品の家具家電を揃えるのはもったいないですよね。マンスリーマンションは、生活に必要な家具家電があらかじめ備え付けられているため、家具家電を準備する必要がありません。

マンスリーマンションの選び方

マンスリーマンション選びのポイントは次の5つです。

  • 価格
  • 物件数
  • 物件の探しやすさ
  • 設備
  • 契約のしやすさ

価格

マンスリーマンションの価格は「賃料+基本パック料金」という場合が多いです。基本パック料金の名称は、管理会社によって異なります。この他に、原状回復費、清掃費などがかかる場合もあります。滞在にかかる総額はいくらになるのか、しっかりチェックしておくことが大切です。

また、正規の価格は高いように見えても、期間限定のキャンペーンなどで大幅に値引きされている場合もあります。時期によって異なるので、入居のタイミングが決まったら適用キャンペーンを確認しておきましょう。

物件数

基本的には、物件数が多いほど、求める物件に出会える可能性は高いでしょう。ただし、住むエリアが決まっている場合は、全国の物件数ではなく「希望エリアの物件数」で比較してみることが大切です。

関東のみ、東京のみなど、エリア限定のマンスリーマンション管理会社もあるため、小規模な管理会社でも希望条件に合えばよい物件に出会わせてくれる可能性があります。

物件の探しやすさ

マンスリーマンションは、内見できない場合が多いです。サイトに掲載されている情報を頼りに決める必要があるため、通常の物件選びよりも判断がむずかしい場合があります。

マンスリーマンションの各管理会社は、オンラインやチャット、電話などでの物件相談を行っています。また、オンライン上で内見できるサービスを行っている会社もあります。希望物件を探しやすそうな会社を選ぶことが大切です。

設備

マンスリーマンションの設備は、物件によって異なります。バストイレ別やオートロックなど、通常の賃貸物件を探すのと同様に条件で絞り込んで探すことになります。会社によっては設備やインテリアをグレードで分けている場合もあり、イメージに合った物件を探しやすくなっています。

契約のしやすさ

マンスリーマンションは、スムーズに契約できるところがメリットです。契約の方法や流れ、スピードなどを事前にしっかりチェックしておきましょう。口コミを参考にしたり、疑問点は実際に電話やメールで問い合わせておくのがおすすめです。

最新の記事

NEW POST