HOME > マンスリーマンション > 同棲するならマンスリーマンションから|お試し感覚で同棲を始めたい人は是非

同棲するならマンスリーマンションから|お試し感覚で同棲を始めたい人は是非

どんなに仲の良いカップルでも、実際に一緒に生活してみないと分からないことがあります。

不動産屋会社ホームズのアンケートによると、実に84%もの男女が「結婚前に同棲した方が良い。」と回答しています。

引用:https://www.homes.co.jp/cont/data/data_00061/

とはいえ、同棲を始めるときに賃貸マンションを契約したり、引っ越ししたりするのは、かなり労力が必要です。

そのため同棲を始める際は、マンスリーマンションの利用をおすすめします。マンスリーマンションでしたら、お試し感覚で同棲を始めることができるからです。

マンスリーマンションはお試し感覚で同棲しやすい

マンスリーマンションは、家具・家電などの設備が充実しているため、すぐにでも同棲を開始することが可能です。

とりあえず半年ほど同棲してみて、同棲を継続したい場合は契約延長、もしくは賃貸マンションへの引っ越しを視野に入れて良いでしょう。

仮に生活や価値観が合わずに、お互い同棲を解消したくなったとします。

マンスリーマンションでしたら、家具・家電を処分する必要がありません。

そのため、同棲を解消する場合は、お互いスムーズに退去することができます。

これらの要素から、マンスリーマンションは、お試し感覚で同棲をしやすいと言えるでしょう。

住居が見つかるまでマンスリーマンションを利用するケースも

お試し感覚での同棲でなくても、住居を見つけるまでの仮住まいとして、マンスリーマンションを利用するケースがあります。

ひとまずマンスリーマンションで生活しながら、ゆっくりじっくり部屋探しをするカップルも存在します。

マンスリーマンションで同棲する際の注意点

マンスリーマンションで同棲する際の注意点は、主に以下の4つです。

マンスリーマンションで同棲を始める場合、まず確認しておきたいのが合鍵の作成です。

マンスリーマンションの場合、セキュリティの面からして、合鍵作製する場合は管理会社への相談が必要です。

会社や物件によっては、防犯上の理由で合鍵の作製を禁止しているところもあります。

最初から設備が充実しているしているマンスリーマンションですが、食器や寝具などの生活雑貨に関しては、1人分の場合がほとんどです。

そのため、食器や寝具などは2人分追加してレンタルする必要があります。

マンスリーマンションには、部屋の壁が薄く防音性が低い物件も存在します。

2人暮らしだと生活音が1人よりも騒がしくなるため、住民トラブルに発展しないよう注意しましょう。

そして、マンスリーマンションには住民票を移すことができません。結婚が近い場合は、早めに賃貸物件を探すようにしましょう。

マンスリーマンションで2人暮らしする場合の注意点に関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。合わせて参考にしてくださいね。

まとめ

「同棲をスタートしたいけど、お互い忙しくて物件や家具・家電を見に行く時間がない。」

そういう場合は、マンスリーマンションを利用しましょう。

マンスリーマンションでしたら、各管理会社の専門サイトからスムーズに契約ができ、家具・家電などの設備が充実しています。

まずは、半年分の家賃を一括払いして、お試し感覚で同棲をスタートさせてみてはいかがでしょうか。