HOME > マンスリーマンション > 3万円台のマンスリーマンションは存在する?格安物件で確認しておくべきポイントとは

3万円台のマンスリーマンションは存在する?格安物件で確認しておくべきポイントとは

マンスリーマンションは、敷金・礼金の必要がなく短期滞在に向いている物件です。

できれば滞在費用は抑えたいものですが、3万〜5万円台の格安物件の場合は、部屋の質も気になりますよね。

そこでこの記事では、3万~5万円の格安マンスリーマンションで、契約する前に確認しておきたいポイントについて解説します。

3万~5万円台のマンスリーマンションは存在する

大阪や福岡といった、地方都市では1ヶ月3万〜5万円台のマンスリーマンションは珍しくありません。

また、東京・神奈川・埼玉・千葉といった首都圏も、1ヶ月3万〜5万円の格安マンスリーマンションは存在します。

しかし、マンスリーマンションの相場は、場所や物件にもよりますが1ヶ月7万〜20万円ほどです。東京都内であれば、1ヶ月10〜15万円ほどの物件が多いでしょう。

そのため、格安マンスリーマンションに契約する前には、慎重に確認しておきたいポイントが存在します。

格安マンスリーマンションと契約する前のチェックポイント

格安マンスリーマンションと契約する前に、確認しておきたいポイントは以下の5つです。

詳細については、次項で詳しく解説していきます。

衛生状態

部屋の衛生状態は、しっかりと確認しておきたいポイントです。格安マンスリーマンションは費用が安い分、部屋のクリーニングに関して以下の懸念点があります。

マンスリーマンションの費用には、クリーニング代金(清掃代金)が含まれています。格安のため、クリーニングが雑になっているかもしれません。

契約する前に、クリーニングがしっかりと行われているかどうか、不動産会社や管理会社にしっかりと確認しましょう。

簡易保険

マンスリーマンションの設備(家具・家電など)を壊したり、汚してしまったりすると、原状回復の修理費用を請求されることがあります。

格安マンスリーマンションの場合は、クリーニングが雑に行われている物件も存在します。

そのため、自分が壊したり汚したりしていないのに、もしかしたら自分が設備を破損したと疑われる可能性もあるでしょう。

マンスリーマンションは入居する際に、簡易保険への加入ができる物件が存在します。加入すれば、入居中に設備を壊したり汚したりしても、修理代金の負担が免除されるという保険です。

そのため、契約前には簡易保険への加入ができるかどうか確認しておきましょう。

部屋の防音性

マンスリーマンションは、防音性が低い物件が存在します。格安物件の場合は、部屋の壁が薄く防音性が低い可能性があるでしょう。

生活音が気になったり、隣人が騒いだりするとストレスになります。また、マンスリーマンションは入居者の入れ替わりが激しいので、どんな人が隣人になるか分かりません。

マンスリーマンションは基本的に内見ができないので、部屋の防音性について確認しておいてください。

長期滞在割引

マンスリーマンションでは、滞在期間が長くなるほど費用が割引される、料金設定が存在します。

そのため、短期滞在よりも半年以上の長期滞在の方が、1日あたりの費用が安くなる場合があります。

滞在費用を少しでも節約したい人は、管理会社や不動産会社に割引制度があるかどうか確認しましょう。

管理会社の評判

マンスリーマンションは、いくつもの物件をかかえている管理会社や不動産会社が存在します。

そのため、利用する場合は複数の業者の評判をチェックしましょう。現在ではSNSやネット検索にて、業者の対応や評判が書き込まれている場合があります。

これまで紹介した項目で気になるところがあれば、管理会社や不動産会社の対応や評判をチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

今回 紹介したポイントは、格安物件だけでなくマンスリーマンションと契約する前に確認しておきたいポイントです。

1ヶ月ほどの短期滞在でも、部屋の衛生状態が良くなかったり、防音性が低かったりすると、ストレスで滞在が長く感じてしまいます。

快適に生活ができるよう、気になる点は徹底的に確認しておいてくださいね。