HOME > マンスリーマンション > マンスリーマンション・賃貸・ホテル生活を比較!目的によってベストな選択を

マンスリーマンション・賃貸・ホテル生活を比較!目的によってベストな選択を

マンスリーマンション・賃貸・ホテル暮らしで費用を比較したときに、東京都内だと1ヶ月でだいたい以下の相場になるでしょう。

【1R・1K:1ヶ月の費用(水道光熱費込み)】

もちろん、物件やホテルによって値段は変わってきますが、一番リーズナブルなのは賃貸です。

しかし、マンスリーマンションもホテルも設備は充実しているため、目的によってはベストな選択となります。

この記事では、マンスリーマンション・賃貸・ホテルのメリット・デメリットを挙げて、目的別による利用について解説していきます。

マンスリーマンションは短期滞在

マンスリーマンションのメリット・デメリットは、以下の通りです。

【マンスリーマンションのメリット・デメリット】

メリットデメリット
初期費用を抑えられる水道光熱費の契約が不要家具・家電等の設備が充実しているホテルよりも自由度が高い賃貸よりも家賃が割高家賃は最初に一括払い住民用を移せない住民トラブルが起こりやすい

マンスリーマンションは、敷金・礼金・仲介費用などがないため、初期費用を抑えられるメリットがあります。

しかし、最初に家賃をまとめて支払うので、数ヶ月間 滞在する場合はまとまった資金が必要です。

また、家具・家電・インターネット環境などの設備が充実しているのが魅力的な点になります。

そのため、出張や単身赴任などの、半年以内の短期滞在はマンスリーマンションがベストでしょう。

そのほか、マンションのメリット・デメリットに関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。合わせて参考にしてくださいね。

【こんな人におすすめ】

賃貸マンションは長期住まい

賃貸マンションのメリット・デメリットは、以下の通りです。

【賃貸マンションのメリット・デメリット】

メリットデメリット
月々の家賃がマンスリーマンションやホテルよりも安い好きな家具・家電を揃えられる事前に内見ができる友人や家族を呼んで自由に宿泊させることができる敷金・礼金・仲介手数料がかかる審査がマンスリーマンションやホテルよりも厳しい自分で家具・家電等を揃える必要がある1年~2年ごとに更新料を支払う

賃貸マンションのデメリットとしては、初期費用の負担や家具・家電等の買い揃えなど、何かと手間がかかることでしょう。

また、マンスリーマンションやホテルに比べると、入居までの審査が厳しいです。

しかし、インテリアを変えられたり、知人を気軽に宿泊させられたりと、自由度は一番高いと言えるでしょう。

そのため、賃貸は短期滞在よりも、長期住まいで部屋を借りるのに向いています。

【こんな人におすすめ】

ホテル住まいは資金に余裕があれば

ホテル住まいのメリット・デメリットは、以下の通りです。

【ホテル住まいのメリット・デメリット】

メリットデメリット
水道光熱費の契約が不要家具・家電等の設備が充実している清掃サービスやルームサービスを受けられるホテル内の施設を利用できる費用が高い自炊ができないため外食が多くなりがちになる住民用を移せない知人を呼んだり宿泊させたりすることができない

ホテル住まいの最大のメリットは、清掃サービスやルームサービスを受けられることです。そのため、家事が苦手な人は面倒な手間を省けるでしょう。

しかし、部屋にはキッチンがないため自炊はできません。外食が多くなり、必然的に食費は高くなります。

また、ホテルによっては、部屋で自由に友人・知人を呼んで遊ぶのにも制限があります。当然、宿泊させることもできないため、自由度は一番 低いと言えるでしょう。

また、サービスが充実している分、費用が高くなります。家事が苦手なリモートワーカーで、資金に余裕がある場合は、ホテル暮らしを選んでも良いかもしれませんね。

【こんな人におすすめ】

まとめ

費用の高さ・自由度…サービスの充実度でいくと、以下のようにまとめることができます。

短期滞在の場合はホテルも良いですが、リーズナブルさと自由度の高さから言えば、マンスリーマンションがおすすめです。